店舗ホームページの運用

当ページのリンクには広告が含まれています。

あなたの店舗ホームページがただのウェブページではなく、24時間365日働く最強の営業マンに変わる方法を知りたくありませんか?このページでは、店舗ホームページが未だにビジネス成功のカギとなる理由と、その効果的な運用方法を具体的に紹介します。

目次

店舗ホームページの重要性

様々なSNSが普及する現代においても、店舗ホームページはその重要性を失っていません。むしろ、SNSでは表現できない深度や独自性を発揮できる場として、ブランド構築、顧客関係の強化、ビジネス戦略において不可欠な存在です。ここではSNSとは一線を画するホームページの多面的な価値と優位性について詳しく解説します。

マーケティングファネルでのステージ

マーケティングファネル
マーケティングファネル

SNSは主に認知と関心の段階で効果を発揮します。投稿を見てユーザーは新しいブランドや製品を発見し、関心を持ちます。しかし、購入の決定段階になると、ユーザーはより詳細な情報や信頼できる証拠を求めます。ここで店舗ホームページの役割が重要になります。

店舗ホームページはマーケティングファネルの下層に位置し、主に検討と購入段階をサポートします。ここでは、製品やサービスの詳細、顧客のレビューやFAQなど、購入を後押しするための詳細な情報が提供されます。

この段階では、実際の顧客体験や専門的なアドバイスを提供することで、顧客の信頼を勝ち取ることが可能です。

一目でわかる整理された店舗情報

ホームページは情報の整理ができる

商品やサービスに関することはもちろん、店舗の営業形態や場所、店主やスタッフの紹介やお客様の声など、多岐にわたる情報を一堂に整理して公開することが可能です。

SNSでは、それらの情報を探すのは一苦労です。知りたい情報は、過去の投稿を一つ一つ探さなければならないのです。そもそもその情報が存在するのかさえ不明です。

しかし、店舗ホームページならば、情報が整然と配置されているため、ユーザーは必要な情報に瞬時にアクセスできます。

持続的な集客効果

SNSで半年間も投稿をしないと、その存在が忘れられてしまうかもしれません。今日投稿した内容も、数日後にはユーザーの視界から消えてしまいます。しかし店舗ホームページは異なります。一度立ち上げれば、数ヶ月後や数年後でも、持続的に訪れるユーザーがいるため、集客効果が長く続きます。

信頼とブランド価値の構築

大企業でホームページが無いところはあるでしょうか?おそらくほとんど存在しないと思います。

店舗ホームページは、店舗の第一印象を形成する重要な要素となっています。その洗練されたデザインや充実したコンテンツが整っていると、訪れたお客様はお店を高く評価し、信頼感を持ちます。さらに、独自のスタイルや特色をしっかりと打ち出すことで、単なる店舗以上にブランドとしての価値を高めることができます。

人気(ひとけ)は人気(にんき)

弊社のホームページには、私自身の人柄が伝わるようにと心がけて構成しています。その甲斐があって、まだ会ったこともないお客様から、

「ホームページから人柄が伝わってきました。」
「優しそうな方なので連絡しました。」
「真面目そうな人柄が伝わりました。」

などと言ってもらえる事も多いです。人気(ひとけ)を打ち出すことで、人気(にんき)のあるホームページが作れます。

店舗ホームページの作成方法

店舗ホームページを作る方法は大きく分けて2通りあります。それはホームページ制作業者に依頼するか自作するかです。

ホームページ制作業者に依頼する

ホームページ制作業者に依頼する最大の利点は、時間と労力をかけずに高品質で洗練された店舗ホームページが手に入ることです。しかし、そのためには業者選びが非常に重要です。残念ながら、この業界にはぼったくり業者や詐欺業者も存在します。以下に、悪徳業者の典型的な例を紹介しておきます。

よくある悪徳業者の例

初期費用無料で月3万円でホームページの運用をします

実はこれはサポート料ではなく、数百万円のローンの月々の返済額です。月々3万円の5年間の返済で、合計180万円のローンを組まされることになります。業者はローンさえ組ませれば目的は達成されるため、適当なホームページを作った後に適切なサポートは期待できません。結果として、集客効果がないホームページに高額なお金を支払うことになります。

見た目が綺麗なだけで集客効果がない

ホームページを作る本来の目的は集客に繋げることのはずです。しかしただ美しいだけのデザインのホームページで、集客効果が全くないというものも多くあります。デザイナーがホームページ制作をしている業者に多いパターンです。

リース契約

リース形式のホームページが全て悪いわけではありませんが、悪徳業者が利用する手法の一つです。編集や更新の主導権が業者側にあり、ちょっとした更新でも多額の費用が発生する可能性があります。そして、リース契約を解消するとホームページが消滅するため、継続的な費用が発生します。

とにかく高い

経営者の中にはWeb知識が高くない人も多いです。その結果、提示された費用をそのまま支払うケースが多く見られます。例えば、サーバー管理費用として毎年数十万円を請求されることもあり、それが妥当かどうか判断できない場合があります。

信頼できるホームページ制作業者を見つけるためには、ネットで探すのではなく、人づてに探す方が良いかと思います。地元の経営者仲間や商工会などから、評判の良いホームページ制作会社を紹介してもらうと良いかと思います。

また私のお勧めは、初めの店舗ホームページの公開までを業者に頼み、その後の運用はサポートを受けながら自身で行うという形態です。そのためにもしっかりと実績がある業者に依頼する必要があります。

制作費用の目安として、一般の中小店舗のホームページでしたら、10万円〜30万円程度が妥当な価格だと思います。

ホームページ制作業者やSEO業者から電話営業があった場合、怪しい業者であっても私はできるだけ来てもらうようにしています。調査が目的です。

これまで10社以上の訪問営業を受けましたが、まともな会社は全くありませんでした。電話営業をしてくる業者は避けた方が良いと思います。

そもそも「ホームページやSEOでの集客ができていない業者だから、電話営業で強引な勧誘をしてくる。」という矛盾が発生していますね。自社のWeb集客すらできていない業者に、ホームページ制作を依頼するのはおかしな話です。

店舗ホームページを自作する

自分でホームページを作成する場合、デザインや機能やコンテンツを、いつでも自由にカスタマイズできるのが最大の魅力です。また、お知らせやプロモーション情報の更新もタイムリーに行えます。

ただしこの場合は、基本的なウェブデザインやプログラミングの知識が求められます。これは時間と労力の投資を意味します。しかしそこから得られる知識は将来のWebマーケティング活動に非常に有用です。この知識は、ビジネスのオンラインでの存在感を強化する貴重な資産となります。

しかしWordPressを利用すれば、初心者でも比較的短期間で質の高いホームページを完成させることが可能です。初めは基本的なサイトを立ち上げ、そこから学びながら徐々にブラッシュアップしていくのがお勧めです。店舗ホームページの自作は、ビジネス拡大のための有効な手段として十分な価値があります。

さらに、WordPressを使用して初心者でも効率的に店舗ホームページを完成させるための解説サイトを作成しました。店舗ホームページの自作に興味のある方は、ぜひこのサイトを利用してチャレンジしてください。

最速WordPress - 初心者がお店ホー...

SEO対策の重要性

SEO対策は、店舗ホームページがGoogleなどの検索で上位に表示されるようにするための施策です。上手くできれば、24時間365日勝手にお店を宣伝してくれる優秀な営業マンになります。また、ホームページ内ブログを活用することで、SEO効果がさらに高まります。上手くSEO対策ができたホームページは、一度作成すれば頻繁な更新は不要で、永続的に集客することができます。

SEO対策の基本: ユーザー体験を最優先に

SEO対策というと、技術的で難解なイメージを持つかもしれません。しかし、SEOの真髄は「ユーザー目線でのホームページを作る」ことにあります。ホームページがユーザーフレンドリーであればあるほど、検索エンジンからの評価も高まることを知っておいてください。

例えばユーザーが快適にサイトを利用できる要素として、以下のポイントなどが挙げられます。

  • ホームページ内で必要な情報にアクセスしやすくなるように整理する
  • 解説画像を用いて、情報を視覚的かつ分かりやすく提示する
  • ページの内容を正確かつ具体的に反映したページタイトルを設定する
  • ページ内で見出しを適切に使用し読みやすくする
  • 関連する情報へのナビゲーションをスムーズに行えるよう、適切なリンクを配置する

これらの要素は、ユーザーの利便性を向上させます。そしてSEO対策の基礎知識がある人であれば、これらの要素がSEO対策になっていることが分かると思います。

つまり、ユーザーの満足度を高めることがSEO対策になるという事です。

このことはGoogleの行動指針であるGoogleが掲げる10の事実の一番目に書かれていることを読めば分かります。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

Google が掲げる 10 の事実より引用

Googleの行動指針はSEO対策にも当てはまります。テクニカルなSEOにばかり意識せずに、ユーザーのことを考えてホームページを作成することが重要です。

このページを作成している2023年9月時点は、Googleは検索エンジンに生成AIを導入した「SGE」のテスト運用をしています。今後はSGE対策も必要になってくるかもしれません。

CMSの選定: WordPressの推奨

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは

かつては、ホームページの作成には高度なプログラム知識が必要で、その技術は専門家だけが持ち合わせていました。しかしCMSの登場により、技術的な壁が取り払われ、誰でも簡単にホームページを作成できるようになりました。

CMSはウェブコンテンツの作成、管理、公開を効率的に行うことができるツールです。プログラムの知識がなくても、直感的なインターフェイスを利用してウェブサイトの作成や更新が可能となりました。これによりホームページの運営が手軽かつ迅速に行えるようになり、多くの人々が自身でホームページを作成したり管理したりできるようになりました。

WordPress(ワードプレス)の優位性

WordPressは世界中で多くの人に使われているCMSです。使いやすく、追加機能やデザインのテーマが豊富です。安定したセキュリティもあり、初心者からプロにまで幅広く利用されています。

日本のwebサイトの約4割はWordPressで作られているとも言われています。利用者が多いということは、これを支える人も多いという事です。

制作会社に依頼する場合でも、WordPressで作ってくれる業者にすべきです。例えばその業者との縁が切れたとしても、他の業者に引き継いでもらえます。独自のシステムを使用している制作会社が倒産して、それ以来更新ができなくなったという例もよく聞く話です。

WordPressについてもっと知りたい方は以下のページをご覧ください。

WordPressの特徴

まとめ

最近では手軽に運用できるSNSが人気で、SNSだけを使う店舗も増えています。しかし、SNSだけで集客に成功している店舗はごく稀で、商品・サービスの購入には繋がりにくいことも現実です。SNSは店舗の認知を増やすには向いていますが、ホームページにはSNSにないメリットが多く存在します。

店舗ホームページは、信頼とブランド構築、顧客との関係強化、永続的な集客など、多岐にわたる効果を発揮します。作成方法、ユーザー目線での作成、SEO対策など、様々な要素を組み合わせることで、24時間365日の効果的な宣伝が可能になります。

最初の一歩として、今すぐホームページ作成に取り組み、店舗の成長を実現しましょう!

儲かる会社はホームページが9割!

儲かる会社はホームページが9割!

芝田 弘美
1,760円(06/17 17:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

関連ブログ記事

目次