LINE公式アカウントの運用

当ページのリンクには広告が含まれています。

このページでは、LINE公式アカウントの運用について解説します。LINE公式アカウントは、お店の情報を直接顧客に送信するための強力なツールです。適切に設定と運用を行うことで、お店の情報を積極的に伝え、顧客とのコミュニケーションを強化することができます。

ホームページやブログ、Googleビジネスプロフィールが待ちのツールなのに対し、LINE公式アカウントは攻めのツールです。

目次

LINE公式アカウントとは

LINE公式アカウントでは、できることは多くありますが、基本的な使い方はビジネスの情報をユーザー(顧客)に直接送信するために使います。これにより、ビジネスの最新情報、キャンペーン情報、お知らせなどをユーザーに直接提供することができます。もちろん通常のLINEと同じように、顧客と1:1でのチャットも利用できます。

その他にできること

  • あいさつメッセージ(登録時のメッセージ)
  • クーポン発行
  • リッチメニュー
  • ショップカード(ポイントカード)
  • リサーチ(アンケート)機能
  • ステップ配信
  • 自動応答
  • LINE VOOM(タイムライン)投稿

細かい機能は他にもあります。また、拡張機能(有料)を使うことで予約システムやオーダーシステムなどの便利な機能を取り入れることもできます。

LINE公式アカウントの3つのメリット

LINE公式アカウントを適切に設定・運用することで、以下のようなメリットがあります。基本的にはあなたのお店を知っている、もしくは利用したことがあるユーザーが対象になりますので、主にリピーター獲得に使うことを意識することが重要です。

  • 店舗側の情報発信を半強制的に届けられる:ユーザーのLINEに強制的に店舗の情報を送ることができます。LINEは開封率が高いので読まれる可能性も高くなります。
  • リピーター獲得の強化: 定期的に情報を送信することで、リピーターを増やすことが可能です。
  • 顧客との直接的なコミュニケーション: 日本人の多くが利用しているLINEですから、気軽に店舗と顧客とのやりとりができます。

LINE配信の例外的な強みとして、リアルタイム配信ができるという点があります。例えばホームページやSNSで投稿をしても、それを見られるのは明日かもしれませんし数日先かもしれません。

しかしLINE配信ですと、直後に見られる可能性が高くなります。詳細は以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
いますぐ集客する方法!LINE公式アカウントだからできる効果的な活用法 LINE公式アカウントの運用のページで解説している通り、LINE公式アカウントはリピーター獲得のために定期的な配信をするのが基本的な使い方です。 しかしLINE公式アカウ...

LINE公式アカウントの初期設定

LINE公式アカウントの初期設定では、以下のポイントを重視します。

  • 活用目的の設定: LINE公式アカウントでの運用の目的をはっきりと決める。
  • プロフィール設定: ビジネスの名前、連絡先、営業時間などの情報をできる限り全て入力します。
  • プロフィール画像の設定: ビジネスのロゴや店舗の画像など、ビジネスを象徴する魅力的な画像を設定します。

プロフィール設定について

LINE公式アカウントのプロフィール設定を適当にやっている店舗さんもよく見かけます。しっかりと設定をすることで、プロフィールページは簡単なホームページのようになります。

ユーザーが友達追加をするときの画面でもありますので、お店の魅力がしっかりと伝わるプロフィール画面にしておく必要があります。

初期設定-公式動画解説

LINEの運営が公式に公開している動画です。初期設定時の考え方や重要なポイントが解説されています。

LINE公式アカウントの継続的な運用

LINE公式アカウントの運用では、主に以下の2つのアクションを定期的に行います。

  • 情報の定期的な配信: 新商品の情報、キャンペーン情報、お知らせなどを定期的に配信します。
  • ユーザーからのメッセージへの返信: ユーザーからのメッセージに対して、返信を行います。

LINE公式アカウントの登録者を増やす方法

LINEで問い合わせ

LINE公式アカウントの効果を最大限に引き出すためには、登録者数を増やすことが重要です。以下に、登録者を増やすための効果的な手法をいくつか紹介します。

  • 店頭でのQRコードの掲示: 店頭にLINE公式アカウントのQRコードを掲示し、その日に使えるクーポンなどの特典を付けると効果的です。次回に使えるクーポンの発行ですと登録を躊躇されますが、今日使えるクーポンでしたら多くの人が登録をしてくれます。
  • Webサイトでの誘導: 店舗ホームページに「LINEでお問合せ」というリンクを作ることで、効果的に登録者を増やすことができます。
  • 紙媒体へのQRコードの掲載: チラシや名刺などの紙媒体にもQRコードを掲載し、より多くの人々にLINE公式アカウントの存在を知らせます。

裏技的な方法で、当日使えるクーポンを活用する方法があります。詳細は以下の記事をご覧ください。

当日に使えるクーポン発行でLINE公式アカウントの登録者を増やす

まとめ

LINE公式アカウントは、ビジネスの情報を直接顧客に送信し、リピーターの獲得につなげるための強力なツールです。初期設定をしっかりと行い、定期的な情報配信やユーザーとのコミュニケーションを続けることで、その効果を最大限に引き出すことができます。

LINE公式アカウントは「攻め」のメディアとして、店舗側から積極的に情報を送ることができます。これは、Webサイトやブログ、Googleビジネスプロフィールなどの他のツールとは異なる特性で、これらのツールはユーザーがアクティブに情報を探しに来る「待ち」のメディアです。

攻めのツールである事をしっかりと認識して、効果的に活用しましょう。

はじめてでもできる! LINEビジネス活用公式ガイド 第2版

はじめてでもできる! LINEビジネス活用公式ガイド 第2版

LINE株式会社
1,980円(06/17 18:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

関連ブログ記事

目次