「LINE公式アカウント」「メルマガ」のメリットとデメリット比較

当ページのリンクには広告が含まれています。
LINE公式アカウントとメルマガのメリット・デメリット

店舗の集客戦略は大きく分けて、新規顧客を獲得する方法とリピーターを増やす方法の2つに分類できます。特にリピーター集客に有効なのがプッシュツールです。

プッシュツールとは、店舗の情報を積極的に顧客へ伝える手段のことを指します。主な例としては、LINE公式アカウントやメールマガジン(メルマガ)が挙げられます。これらは店舗から顧客へ直接情報を届けるための強力な手段です。

一方で、ホームページやブログ、SNSを通じた情報伝達は、顧客がアクセスするのを待つ必要があります。しかし、プッシュツールを用いれば、店舗側から直接顧客にアプローチできる点が優れています。LINE公式アカウントの運用についての詳細は、下記のページで確認してください。

あわせて読みたい
LINE公式アカウントの運用 このページでは、LINE公式アカウントの運用について解説します。LINE公式アカウントは、お店の情報を直接顧客に送信するための強力なツールです。適切に設定と運用を行...

このサイトではプッシュツールとしてLINE公式アカウントを推奨していますが、この記事では、もう一つのプッシュツールであるメルマガとの比較をします。

目次

LINE公式アカウントのメリットとデメリット

LINE公式アカウント
メリット
  • 日本における高い普及率
  • 開封率の高さ
  • リアルタイムコミュニケーション
  • 総合マーケティングツールとしての運用
デメリット
  • 顧客データの不確実性
  • 料金体系とシステムへの依存
  • 文字数制限の問題
  • ブロックの容易さ

メリットの詳細

日本における高い普及率

LINEの普及率は、総務省の発表では令和4年で94%となっています。 

SNSの利用率
総務省 「令和4年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」の公表より引用https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000119.html

開封率の高さ

LINEのプッシュ通知機能を利用することで、ユーザーのスマートフォンに直接メッセージを送信できます。そのためメールに比べて高い開封率と反応率が期待できます。

リアルタイムコミュニケーション

新商品の発売や限定セールなど、時間に敏感な情報を迅速に顧客に届けることが可能です。これにより、顧客の興味を引き、短期間での行動を促進できます。

総合マーケティングツールとしての運用

アンケートやクーポン配布やショップカードなど、多岐にわたるマーケティングツールを一つのプラットフォームで統合して利用できるため、効率的な運用が可能です。

デメリットの詳細

顧客データの不確実性

LINE公式アカウントはLINEプラットフォームに依存しているため、プラットフォームの変更やサービスの停止があれば、重要な顧客データを失う可能性があります。

料金体系とシステムへの依存

LINEの独自の料金体系とシステムアップデートに対応する必要があり、これらの変更に迅速に適応する(従う)必要があります。

文字数制限の問題

一度に配信できるのは、最大1,500文字(吹き出し3個)までと制限があります。更にLINEでは長文が好まれない傾向があるため、簡潔なメッセージ作成が求められます。

ブロックの容易さ

LINEユーザーは不満を感じた際に、メールマガジンよりも簡単にアカウントをブロックできます。そのため配信内容には特に注意が必要です。

メールマガジンのメリットとデメリット

メールマガジン
メリット
  • 顧客データの安定性とコントロール性
  • 詳細な情報提供
  • 配信プラットフォームの柔軟性
デメリット
  • スパムフィルターのリスク
  • エンゲージメントの課題
  • デザインとレイアウトの制約
  • メールアドレスの管理とセキュリティ

メリットの詳細

顧客データの安定性とコントロール

メールリストは自社で完全に管理できます。そのため、外部要因によって顧客データが失われる心配はありません。

詳細な情報提供

メールでは長文のコンテンツや詳細な情報を提供することができます。これにより、製品やサービスの特長を深く説明し、顧客の理解を深めることが可能です。

配信プラットフォームの柔軟性

メール配信サービスは多様であり、必要に応じて異なるサービスプロバイダーを選択できます。これにより、コスト、機能、サービスの品質など、さまざまな要素を考慮して最適な選択が可能です

デメリットの詳細

スパムフィルターのリスク

メールがスパム(迷惑メール)として分類されるリスクがあります。これにより、重要なメッセージが顧客の受信箱に届かない可能性があります。

エンゲージメントの課題

メールは頻繁にチェックされない場合が多く、特に若年層の間では、メッセージが見過ごされやすい傾向があります。

デザインとレイアウトの制約

異なるメールクライアントやデバイスでの表示の違いにより、一貫したデザインを維持するのが難しい場合があります。

メールアドレスの管理とセキュリティ

大量のメールアドレスを効果的に管理するには、適切なツールとセキュリティ対策が必要です。これは、特に個人情報保護の観点から重要です。

管理人の結論: LINE公式アカウントを推奨

可能ならばLINE公式アカウントとメールマガジンの両方を活用するのが良いでしょう。しかし、どちらか一方を選ぶなら、LINE公式アカウントの使用を推奨します。

LINE公式アカウントのメリットを再度まとめると、普及率の高さ、開封率と反応率の高さ、リアルタイムコミュニケーションの強化、統合マーケティングツールとしての機能が挙げられます。

文字数制限の問題は、SNS投稿やブログ記事へのリンクを貼ることで効果的に解消されます。リンク先を読んでもらうことで、ユーザーは必要な情報を深く理解できます。

プッシュツールはリピーター集客に特に効果的です。ぜひLINE公式アカウントを活用して、リピーター集客に活用してください。

はじめてでもできる! LINEビジネス活用公式ガイド 第2版

はじめてでもできる! LINEビジネス活用公式ガイド 第2版

LINE株式会社
1,782円(06/16 20:15時点)
発売日: 2023/06/01
Amazonの情報を掲載しています
シェア
  • URLをコピーしました!
目次