初心者必見!ChatGPTと箇条書きで始める簡単コンテンツ作成術

当ページのリンクには広告が含まれています。
ChatGPTと箇条書きで文章作成

「Webコンテンツを作りたいけど、文章を書くのは苦手…」

そんな悩みをお持ちのあなたでも、ChatGPTと箇条書きを使えば、簡単にしかも高品質なWebコンテンツを作成する事ができます。

この記事では、ChatGPTと箇条書きを駆使して、Webコンテンツ作成を劇的に効率化する方法を、実際の例を交えながら分かりやすく解説します。

この記事で紹介するテクニックは、GeminiやClaudeなどの文章生成AIで同様に使えます。ここではChatGPT(GPT-4o)を使って解説します。

目次

箇条書きとChatGPTを活用した文章作成の3つのメリット

1. 思考の整理とコンテンツ構成の明確化

箇条書きを使ってアイデアを整理することで、伝えたいことが明確になります。その結果、文章の構成がスムーズになり、効果的なコンテンツ作成が可能です。

2. 誰でも簡単に高品質な文章を作成

文章作成が苦手な人でも、箇条書きなら簡単にアイデアを書き出せます。ChatGPTがその箇条書きを魅力的な文章に変換してくれるので、高品質なコンテンツを簡単に作成する事ができます。

3. 修正や加筆が簡単

箇条書きは内容の追加や削除が容易です。この柔軟性により、アイデアを迅速に整理し、必要に応じて修正することができます。文章としてまとめる前の段階で、効率よく内容を調整できます。

ChatGPTを使った文章生成: 5つのステップでWebコンテンツが完成

文章生成フローチャート

ChatGPTと箇条書きを使った、文章生成のイメージ図です。以下で手順を詳しく解説していきます。

文章完成までのステップ

STEP
要点を箇条書きでまとめる

まず、PCのメモ帳やテキストエディターなどを用いて、書きたい内容の要点を箇条書きにします。これは思考や情報を整理するための重要なステップです。この段階では、細かいことにこだわらず、思いついた事をどんどん書き出すことがポイントです。

STEP
プロンプトを追加する

次に、箇条書きにした要点に対して適切なプロンプトを追加します。プロンプトは、AIに何を求めているのかを明確に伝える指示文の事です。

回答結果をよくする為の、プロンプト作成のポイントは以下の通りです。

・ChatGPTに役割を与える

例: あなたは分かりやすい文章を書くのが得意なプロのwebライターです。

例: あなたは飲食店の集客をサポートする、経験豊富なWebマーケターです。

・ChatGPTにやって欲しい事を明確に指示する

例: 以下の箇条書きを基に文章を書いてください。

・条件があれば追加する

例: 読んだ人が来店したくなるような文章にしてください。

例: ターゲットは40歳代の女性です。

STEP
ChatGPTに入力する

プロンプトを追加したら、プロンプトと箇条書きをChatGPTに入力します。ChatGPTは、提供されたプロンプトと箇条書きの内容に基づいて自然な文章を生成してくれます。

STEP
出力結果を読んで箇条書きを修正する
  • 足りない要素がある→ 箇条書きを追加する
  • 不要な文章がある→ 不要な箇条書きを削除する
  • 文章の流れがおかしい→ 箇条書きを入れ替えてみる

このプロセスを繰り返し行うことで、箇条書きの精度が向上します。恐れず、積極的に試行錯誤することが重要です。さまざまに試すことで、最終的に満足のいく文章に仕上がります。

STEP
生成された文章を編集し、完成させる

生成された文章に問題がなければ編集して仕上げます。ChatGPTが生成した文章を、自分のスタイルに合わせて編集し、自分のブランドトーンに合った内容に仕上げます。

どこをどう編集すれば分からない場合は、一文ずつを区切って自分の言葉で書き直していくと、上手く編集できます。

ChatGPTでの具体的な作成例

例1: LINE公式アカウントの配信文

居酒屋で、「平日の17:30〜19:00のサービスタイムのお知らせ」を案内するLINE配信文を作ってみます。

箇条書きの例:

- 暑くなってきましたね
- 7月はサービスタイムを開催します
- 平日の17:30〜19:00は、生ビール半額
- サービスタイム中は何杯でも半額です
- キンキンに冷えた生ビール
- お仕事帰りにいかがですか
- 頑張るあなたを応援します

# ターゲット
- 仕事帰りのサラリーマン

プロンプトの例:

あなたは飲食店の集客をサポートする、経験豊富なWebマーケターです。以下の箇条書きからLINE公式アカウントの配信文を書いてください。読んだ人が来店したくなるような文章にしてください。

回答結果

プロンプトと箇条書きをChatGPTに入力した回答文は以下のようになりました。

LINEの配信文だという事で、適度に絵文字も挿入されて良い感じの文章が生成されました。生成結果に足りない部分や余分な部分があれば、プロンプトを編集して再度ChatGPTに投げてください。

おおよそ問題が無ければ、生成された文章を自分のスタイルに合わせて編集し、自分のブランドトーンに合った内容に仕上げます。

例2: ホームページ用のサービス説明文の箇条書き

エステサロンのホームページで、フェイシャルエステの紹介文を作ってみます。

箇条書きの例:

- 当サロンのフェイシャルエステの特徴
- 機械を使わないハンドマッサージ
- 独自調合のオイルを使用
- 顔の血流が良くなる
- 小顔効果がある
- 美肌効果がある
- 持続時間が長い

プロンプトの例:

あなたはエステサロンの知識が豊富なwebライターです。箇条書きを基にして、当店のエステサロンホームページ用に、フェイシャルエステの紹介文を書いてください。

回答結果

たった7行の箇条書きからでも、良い感じの文章が生成されました。「ホームページ用に」と指示していたので、ホームページ用のコンテンツのような形式で書いてくれました。

足りない部分や余分な部分があれば箇条書きを編集して再度ChatGPTに入力します。その後にあなたの言葉で表現し直して仕上げます。

あわせて読みたい
ChatGPTを使って素早く店舗ホームページを作る方法 この記事では、ChatGPTを使用して、店舗のホームページを作成する手順を分かりやすく解説します。GPT-3.5は無料で利用可能ですが、可能であればより高い精度を誇るGPT-4...

ChatGPTで文章を書く際の注意点

箇条書きの書き方

頭に浮かんだ事を書き出せば良いのですが、できるだけ文章の流れに沿った順番で書く方が良いでしょう。順番を入れ替える事がすぐにできる事も、箇条書きの優れている点です。

出力された文章のチェック

ChatGPTを使って生成された文章は、そのまま使用する前に必ずチェックして編集をすることが重要です。以下のポイントに注意して確認します。

・事実確認

ChatGPTが生成した文章は必ず内容を確認し、正確な情報に基づいていることを確認しましょう。

あなたの個性と想いを表現

ChatGPTが生成した文章をそのまま使うのではなく、あなたの言葉で表現し直すことで、より魅力的なコンテンツになります。

・文法と表現

文法的な誤りや不自然な表現がないかをチェックします。AIの出力は完璧ではないため、人間の目で確認することが重要です。

これらの注意点を守ることで、ChatGPTを使った文章生成がより効果的で信頼性の高いものになります。

長いブログを書くには、更に追加のテクニックが必要になりますので、別の記事で解説します。

まとめ: ChatGPTと箇条書きで、簡単にWebコンテンツ作成

ChatGPTと箇条書きを組み合わせることで、Webコンテンツ作成のハードルがぐっと下がります。ほとんどの文章はこの方法で書く事ができます。今まで文章作成に苦手意識を持っていた人も、質の高いコンテンツを効率的に作成できるようになります。

ぜひ、ChatGPTの可能性を最大限に引き出し、あなたのビジネスを成功に導く、魅力的なWebコンテンツを生み出してください。

ChatGPT/Copilotの教科書

ChatGPT/Copilotの教科書

中島 大介
1,980円(07/19 01:48時点)
発売日: 2024/08/02
Amazonの情報を掲載しています
シェア
  • URLをコピーしました!
目次